戻る
養殖魚の出来るまで(生産工程)



稚魚の導入
養殖は稚魚(魚の赤ちゃん)を養殖場に入れることからはじまります。

エサの食べ方はどうか?
水質はどうか?
水温は適切か・・・?


我が子を育てるように大切に、大切に、育てます。



























大きくなぁれ
養殖場に入れられた魚は、魚の粉や殻類からつくられた固形の餌(ドライペレット)や、粉末状の配合飼料とイワシやサバを混ぜた半生タイプのエサ(モイストペレット)などを食べて大きくなります。

魚の口の大きさに合わせて、エサのサイズは変わります。



























大きくなったらお引っ越し
運動量も増え、エサをたくさん食べてどんどん大きくなる魚たち。
大きくなるとはじめの生け簀(いけす)では狭くなるので、大きな生須に移します。

 いつもと変わりないかな?
 エサはちゃんと食べてるかな?

エサを乗せた船のエンジン音を聞いて、魚たちは、喜んで海面にやってきます。
 


























魚の健康をしっかり管理
魚たちの育つ海に異常はないか?
病気になった魚はいないか?

魚の健康診断はもちろん、
成長状況や数、エサの管理から、水質、水温、
プランクトンなどの検査まで、きめ細かく行っていきます。


























冬でも暖かい海で。
冬、海水の温度が下がると、魚もエサを食べる量が減ります。
しかし養殖をしている南方の海は冬でも暖かいため、魚たちは元気よく育ちます。

海面養殖業が日本の南の方に集中している理由に納得ですね!


























そして一人前に
立派に成長した魚たちを自信をもって送り出します。
活きの良さ、身の締まりが自慢です。

ウロコがとれたり、傷つかないよう、最後まで丁寧に。

最近では生きたまま運搬できるようになり、より新鮮で、より美味しいお魚を味わっていただけます。



























もうすぐあなたの元へお届けします!!
たくさんの愛情を注ぎ我が子のように育てた、健康で安全、そしてオイシー、ヘルシーな魚を今日もあなたの街へ、食卓へ、お届けします!!
戻る