■回答
【質問】 生簀の設置場所はどこですか?また設置は誰がするのですか?
【ウォールドくんからの回答】
現在主流となっているのは、小割生簀を使った養殖です。
設置場所は水質環境が良好な場所に加え、作業性や台風などに対する安全性を考え、
内湾や島影などの波穏やかなところに比較的多く設置されています。

しかし、近年では耐波性の高い養殖施設(網や生簀枠等)の開発が進んでおり、
内湾から潮流の速い湾口や沖合へと生簀の設置場所が移行されています。

生簀の設置は養殖事業を行う生産者個人(会社組織の場合は企業)が行います。
尚、個々の業者の生簀設置場所は業者の話し合いで決めます。
 

▲戻る