戻る
お魚のおろし方:ブリ(ハマチ)
 
 STEP1 えら、内臓を取ります。
 
  まず、うろこを取った後、えらのつけ根を切り離します。包丁はえらぶたの縁から入れて、えらぶたに沿って切り落とします。   魚体を腹部が上になるようにして立て、反対側のえらの付け根を断ちます。
  腹を切り開き、えらぶたを上げ、腹の身に包丁を入れます。   包丁の切っ先を利用して、肛門のところまで切り開き、更にえらをはずし、内臓を引き出して肛門のところで切り離します。
 ※ここできれいに洗い、水気を切ります。
 
 STEP1 えら、内臓を取ります。
  胸びれの下から、えらぶたの延長線上を斜めに、背骨にあたるまで、包丁を入れます。   魚体を返し、反対側も同様に包丁を入れます。出刃の刃元を使い、頭を一気に落とします。
 
 STEP1 えら、内臓を取ります。
  包丁の切っ先は、背骨まで差し込み、包丁の表を下の背骨に押しあてながら尾まで切り下げます。   尾を持って、右へ回転させて頭と尾の向きを変え、尾から肩口までの要領で包丁を入れます。切っ先で背骨を身からはずします。
  背骨と腹骨の切り離しには、尾をしっかりと押さえ、包丁を切っ先方向に押してはずします。尾のつけ根を切り離すと二枚になります。   骨のついた片身は、尾を回して肩口が右へくるように向きを変えます。肩口に包丁を押し当てて切り込み、背骨に密着させながら尾の方向に切り下げます。
  尾を持って位置を変え、尾から胴のなかほどまで包丁を入れます。この場合も、背骨の所まで包丁を入れておきます。   背骨と身、腹骨の接合点とを切りはずし、尾の部分を切り離せば、三枚になります。

 
  腹骨を薄くそぎ取ります。   血合いの部分を切り取ります。
  皮を下にし、尾の方から身と皮の間に包丁を入れ、皮を引っぱりながら包丁を頭の方へ切りすすめ皮を取ります。   身の厚い方を向こうにし、皮のついていた方を上にして、包丁を根元から入れて手前に引いて切ります。
つづいてあらの下ごしらえのページへ 
戻る