戻る トップページへ戻る

ファミリーマート「活〆お刺身」新発売
第1弾は「活〆かんぱち&甘エビ」
 
(株)ファミリーマート(東京都豊島区)は2008年12日9日から、「刺身」を展開する約280店舗(関東地区1都7県、11月末現在)の商品ラインアップに新カテゴリー「活〆お刺身」を追加し、販売を開始した。
 「活〆お刺身」は産地から加工工場まで直送し、工場に設置されたイケスから取り出して活〆処理。その日のうちに加工し、翌日には店舗に配送する。第1弾は「活〆かんぱち&甘海老」。使用するカンパチは稚魚から水揚げまで一貫管理し、生産履歴のとれた安全・安心な原材料のに使用している。価格は税込み458円
今後は従来の刺身に「野菜」や「海藻」を加え、彩り鮮やかに盛りつけた刺し身や、「まぐろとろろ」(税込398円)や「いか明太」(398円)のように、居酒屋などでおなじみの「海鮮おつまみ」を順次、リリースしていく。
 同社は今年4月に、中高年を中心とした新たな顧客層獲得のため、「刺身」販売を開始。「刺身亭」の愛称で「まぐろのたたき」「たこスライス」などを販売している。
2008.12.16水産経済新聞

戻る トップページへ戻る