戻る トップページへ戻る

初の「日本さかな検定」実施!
日本さかな検定協会
5月に「日本さかな検定」実施
愛称は「ととけん」
 
  日本さかな検定協会は5月に初の「日本(にっぽん)さかな検定」を実施する。「日本さかな検定」は、消費者においしい魚との出合い方を伝授し、世界に誇る日本の魚食文化を再発見してもらうのが狙い。愛称は「ととけん」。
  魚に関心を寄せる人なら誰でも受験可。検定会場は東京と大阪で、申し込み開始は2月。実施級は3級と2級(併願可、2級は3級に合格していなくても受験可)。3級(初級)は初めて出合う発見や感動を通し、魚にもっと親しみたい人が対象。2級(中級)は魚好きにして、通を自認する人や産地から消費までの魚食に携わる人で、もっと魚食文化の奥深さを身につけたい人が対象。受験料は3級4000円(税込み)、2級5000円(同)、3級2級併願8000円(同)
  魚の旬、目利きなどの基礎知識や、知れば知るほど奥深い日本人と魚のかかわりや蘊蓄(うんちく)などが学べる、読んで楽しい公式ガイドブックも来年2月に発刊。ガイドブックで学び、検定試験を受けることで、一人でも多くの人が「おいしい魚を食べたくなった!」「魚を食べる旅がしたい!」「魚をもっと知りたい!」と感じてもらうことを期待する。検定問題も周辺情報やヒントを盛り込んだ読ませる出題形式。  家庭で、外食で、旅先で使える情報を身につけられる検定。
 ▲問い合わせ先=日本さかな検定運営事務局(電話03・3233・4808)
2009.12.8 みなと新聞

戻る トップページへ戻る