戻る トップページへ戻る

真ダイに生産者の写真
◆◆ イトーヨーカ堂 首都圏中心に ◆◆
 

 イトーヨーカ堂は2月20日から首都圏を中心とした126店で、養殖した人を表示した真ダイの販売を始める。三重県尾鷲市の須賀利漁業協同組合から高品質の養殖タイを年間を通じて調達する。スーパーが産地直送野菜の生産者を表示する例はあるが、水産品では珍しい。

 各店では「がんこおやじが育てた須賀利の真鯛」と銘打って、店頭に漁協関係者の写真を掲げる。価格は1尾(1.1キログラム)2380円、お造り498円など。
 真ダイは須賀利漁協の15業者(30人)が熊野灘に面した海域で養殖。稚魚期からオキアミを与えているため色が鮮やかなほか、育てる魚の数を通常の70%に抑えているため運動量が多く、身がしまっているという。

(2002.2.20 日本経済新聞)


戻る トップページへ戻る