戻る トップページへ戻る

消費者の関心=「産地(原産国)表示に注意」85%
消費者は食品の身元チェックに強い関心を示す
昨年8月の調査に比べ7.3ポイント上昇
 

 日経産業地域研究所が行なった食品購入時に注意していることに対する調査結果(首都圏・近畿圏の20−60代男女900人を対象に実施、674人が回答)
 「原材料表示」、「生産者・販売者名」への関心も高まり13.0ポイント、13.4ポイント、各々増加しています。
 研究所は、消費者が食品の身元チェックに至る背景には輸入品への信頼性の低下があると分析しています。


(2008.4.17日経新聞・買い手のホンネより)


戻る トップページへ戻る