戻る トップページへ戻る

「かぼすブリ」食べておんせん県へ
都内の寿司店でフェア
大分県と県漁協
 
かぼすブリと美登利寿司フェアのポスター
かぼすブリと美登利寿司フェアのポスター
    【大分】「かぼすブリ」を食べて「おんせん県」に行こうー。大分県と県漁業協同組合(山本勇組合長)は、東京都内で寿司店をチェーン展開する(株)梅丘寿司の美登利総本店(以下、美登利寿司)と共同し、かぼすブリの販促PRと大分の観光PRを実施する。
  美登利寿司の8店舗でかぼすブリの刺身(1皿630円)、寿司(1カン157円)を注文した客にアンケート兼応募用紙を配布。抽選で湯布院・別府温泉ご招待や美登利寿司の商品券、大分県の魚ギフトセットが当たる。期間は1月10日から3月10日まで。抽選日は3月末。
 「かぼすブリ」は県産のカボス果汁を添加した飼料で育てた養殖ブリ。カボスに含まれるポリフェノールの抗酸化作用が変色を遅らせる。香りが良く味がさっぱりするなどの良食効果もあり、新たな県産ブランドとして養殖関係者の期待を集めている。
2013/1/10 みなと新聞

戻る トップページへ戻る