戻る トップページへ戻る

東京都業平小学校・養殖魚の授業実施
 
     (社)全国海水養魚協会(全海水)は、去る7月2日(水)、東京都墨田区立業平小学校で、5年生全児童74名を対象に『養殖魚の授業』を行った。

 養殖業は、小学校5年生の社会科の授業で学ぶが、同校は総合学習の時間で食をテーマにした学習を実施している。担当の先生から、ますます重要性が高まる養殖業について生産者から直接学びたいと全海水に要望があった事から実現。

 同校では、全海水が作製したパンフレット『絵で見る養殖業』や『養殖魚PR用ビデオ』を用いた授業を事前に行っており、7月2日は魚類養殖業の現状や養殖業の重要性、世界で養殖業が大きく発展していること等を事務局から説明。その後、生徒が日頃疑問に思っていることや関心事について、高知県の海でハマチやカンパチを養殖している中平博史さん(全海水の魚類養殖の明日を考える若手検討会委員:高知県)とのユーモアを交えながらの交流も行われた。

 授業では、実物の6kgのブリと3kgのカンパチを使って、その違いを説明。生徒に「魚を持ってみたい人?」と呼びかけると、ほぼ全員の手が上がった。教室に入ってきたときには、「臭い」といっていた生徒たちだが「すげぇ」「重たい」「何kg?」と歓声を上げながら、大きな養殖魚を持ち上げていた。中には落としそうになってブリを抱きかかえる生徒もあった。

 ブリとカンパチの解体ショーでは、中平さんが魚の部位を説明しながら、生徒たちに捌き方を伝授。途中から生徒も包丁を手にして、3枚卸や皮引き、刺身カットなどに挑戦した。最初は緊張した面持ちで包丁を握っていた生徒も、中平さんの手ほどきを受けさばき方を会得すると笑顔がこぼれ、自信に満ちた表情に変わっていった。

  そして、いよいよ試食。中平さんと先生、そして生徒自らがさばいた切り身で【ぶりしゃぶ】を楽しんだ。ぶりしゃぶを食べたことがない生徒がほとんどであったが、鍋にブリをくぐらせ、大きな切り身を頬張った生徒たちからは「美味しい」「もっと食べたい」との声があがっていた。
 *【ぶりしゃぶ】は昨冬ブームとなり、今後も冬の定番メニューとして定着しそうな料理メニュー。

  養殖魚のファンとなってくれた生徒たちに、ぶりしゃぶや鯛めし、カルパッチョなどのレシピを渡して家庭でも養殖魚の料理にチャレンジして貰うことを約束し、2時間にわたる『養殖魚の授業』が終わった。養殖魚に高い関心を持った生徒たちは、必ず魚類養殖の重要性や日本の魚食文化を支えてくれることでしょう。

◆後日生徒たちから届いた主な感想は以下の通り。
ぶりしゃぶがとてもおいしかったです。ほっぺが落ちるくらいおいしかったです。
家族でぶりしゃぶやかんぱちしゃぶをやって食べたいです。
家でもブリやカンパチ、養殖魚を買って食べます。
大きなイケスで育てているのを知ってビックリしました。
初めて頭としっぽがついているブリとカンパチを見ました。
ブリが大きくて重いのにおどろきました。
ブリとカンパチのショーがすごかったです。
今回のじゅぎょうで魚が好きになりました。
養殖のことがよく分かりました。
テストでも養殖の所は全て答えを書くことが出来ました。合っているか分からないけど。
魚を切るのはむずかしかったけど、手伝ってくれたので、良かったです。
魚の解体は気持ち悪かったけど、おいしかったです。
社会がきらいでしたが、漁業を知ってから社会が好きになりました。
一生このじゅぎょうを忘れません。
目をさわったら気持ちよかったです。
またぶりしゃぶを食べたいので、自分で作ってみようと思います。
魚を切るとき、おすのではなく引くだけで切れるのにビックリしました。
魚をさわって、ウロコの大きさやさわった感じが分かり、とても勉強になりました。
養殖の魚はいいと思いました。
ぶりしゃぶは何枚でも食べれそうなくらいおいしかったです。
養殖が大切なことが分かりました。
生産者の人が苦労して育てているからおいしい魚ができるんだと思いました。
養殖のくふうが分かってよかったです。
魚を切ったときかわいそうだと思いましたが、私たちが生きていくためにはしかたがないと思いました。
とても楽しかったです。こんなことはもう二度とないのかと思うとかなしい気持ちになりました。
エサのえらび方や育て方にこだわりがあるんだと思いました。
勉強して、これからは魚をいっぱい食べようと思いました。
スーパーで買った魚よりぜんぜんおいしかったです。
魚のあぶらは血をサラサラにしてくれると聞いて、魚をどんどん食べようと思いました。
この授業で魚にきょうみを持ちました。
養殖は、バラバラの生エサを与えるので海を汚すと聞いていたので、ざんねんでしたが、エサが進歩していて、海にやさしくなっていると聞いて安心しました。
魚の量がへっているのに養殖魚はへっていないのはすごいと思います。これからもがんばってください。
病気のよぼうに色んな工夫をしているのがすごいと思いました。
魚の内ぞうや歯にさわれてよかったです。
今度おすし屋さんでブリやハマチを食べます。
魚を切るのも近くで見れてよかったです。
エサの量や大きさまでくふうしているのは大変だと思いました。
魚の体の中がどうなっているかよく分かりました。
他の小学校でも授業をしてください。楽しかったです。
最初、家庭科室に入ったとき、魚のにおいがいやでしたが、話を聞いている内に魚はすごいと思いました。そしてとてもおいしかったです。
こんなにおいしい魚ははじめて食べました。
お母さんにたのんでぶりしゃぶを作ってもらいます。
魚は栄養がたくさんあることが分かったので、これからもっともっと食べます。
初めて知ることがたくさんあって、勉強になりました。
スーパーで売っているのとはくらべられないくらいおいしかったです。
全国のみなさんにおいしい魚をとどけるためにど力してくれてありがとうございます。
市場まで運ぶのにくふうをしているのが分かって、良かったです。
魚に予防注射をしているのにビックリです。
かんどうとおどろきにつつまれた2時間でした。
養殖がんばってください。おうえんしています。
スーパーのブリとちがってしんせんでおいしかったです。
魚が好きではなかったんですが、体にいいと聞いたので、これからはいっぱい食べようと思います。
ブリの生産量を聞いてビックリしました。
台風の時もあついときも毎日大変だと思いました。
今度、養殖の魚買います。
養殖している魚の種類が多くてビックリしました。
エサのうつり変わりを聞いて、勉強になりました。
日本が輸出にたよっていることを知りました。
トラフグのはを切るのを聞いておどろきました。
魚は好きじゃなかったけど、少しだけ好きになれて良かったです。

戻る トップページへ戻る