戻る トップページへ戻る

【新刊紹介】
『お魚びっくり箱』/『おさかな栄養学』
 
『おさかな栄養学』

「魚は健康によい食べもの」というのは今や常識。最近ではEPAやDHAが生活習慣病に効果的と言われています。 食物としての魚の栄養学をやさしく解説。魚の栄養を最大限に生かす方法がイラストなどで紹介されている。 消費者だけでなく食関係を学ぶ学生や、栄養士にもオススメの1冊。

『おさかな栄養学』
 著書:鈴木たね子・大野智子 共著
 体裁:四六判 180頁
 定価:1,470円(本体1,400円+税)
 発行元: 成山堂書店
  
『お魚びっくり箱』

魚への疑問と好奇心がいっぱい!笑いあり涙ありのエッセイ集
ひょんなことから魚に目覚めた“そのくみ”こと主婦・園久美子が綴る、魚をめぐる体験談。

どんな人が育てた魚なのか知りたい・・・その一心で、スーパーに養殖現場の見学を直接交渉!? 養殖マダイの養殖場見学の体験記を初め、奥深い魚の世界を主婦の目線から捉えたエッセイです。

『お魚びっくり箱』
 著者:園 久美子
 体裁:四六判 178ページ
 定価:1,260円(本体1,200円+税)
 発行元:緑書房
  

戻る トップページへ戻る