戻る トップページへ戻る

「調味漬けカンパチセット」を本格販売
鹿屋市漁協
酢〆や西京味噌漬けなど
 
 鹿屋市漁協(階倉貢組合長)は今月から本格的に「調味漬カンパチセット」の販売を開始した。解凍後、そのまま食べられる「酢〆カンパチ」(内容量200グラム)と、3〜4分間電子レンジで加熱する 「西京味噌漬け」「しょうが焼き」「バジル焼き」(いずれも100グラム)の4種類。
カンパチは一般的に「刺し身」というイメージがあるが、生産者はみそ漬けや塩焼きなどでも消費している。刺し身以外の食べ方を紹介し、消費を伸ばそうと、簡単に調理できる製品を開発した。
 原魚は同漁協に水揚げされる「かのやカンパチ」を使用。漁協の加工場で切り身やサクに加工し、調味する。
 漁協担当者は「これからは作ることだけでなく、販売も積極的に行っていく」と話す。
◆鹿屋市漁協=(電)0994-46-3111
みなと新聞2009.11.26
「調味漬けカンパチセット」の4種類
「調味漬けカンパチセット」の4種類
  

  

戻る トップページへ戻る