戻る トップページへ戻る

『第1回食育推進全国大会』に出展!
全海水ブース見学者は約600人
全国の食育が集合「いつでもどこでも楽しい食育」
〜みんなで 毎日 朝ごはん〜
 
 (社)全国海水養魚協会では、去る6月24日(土)に消費対策事業の一環として、アジア太平洋トレードセンターATCホール(大阪市)において、内閣府と大阪府主催の『第1回食育推進全国大会』に参加し、“養殖魚の正しい情報を消費者へ伝える”事を目的とした展示を行った。
 展示会場では、「食育」に関係する87団体が展示や実演、試食、販売等を行った。土曜日開催という事もあり、親子連れや友達同士などの来場が多く、来場者数は約10,200人と大変な賑わいを見せた。

    全海水の展示ブースでは、昨年、農林水産省1F『消費者の部屋』で開催した『養殖魚の展示会』で好評だった“養殖稚魚の水槽”を中心にして、養殖魚の生産情報パネル・養殖資機材・養殖紹介冊子・養殖魚を用いた料理レシピ、そして府県海水団体から提供されたパンフレット等を展示した。
 ブースの入り口に設置した養殖魚の稚魚(マダイ・ヒラメ・トラフグ)を数匹ずつ入れた水槽を、子供から大人まで、多くの人が足を止めて見ていく。稚魚の中では特にトラフグの人気は高く、「動きがおもちゃみたい!」「大きくならないなら、飼ってみたいけど・・・」などの感想が聞かれた。
 また、今回は体色を海底と同色にするヒラメの特質を見てもらうために黒と茶の2色の砂を敷いたが、体の色を変えたり、砂に潜って目だけを出すヒラメに子供はもちろん、「あっ!ここにいるっ!」と大人が真剣に眺める光景が見られた。

 水槽の隣には、6種類の養殖魚のエサを展示した。エサは、消費者が自由に手にとって感触や臭いを確かめる事ができる容器に入れ、それぞれの成分表も添えた。「人間が食べても大丈夫ですか??美味しい?」「意外と臭い・・・」など、消費者は初めて触るエサに興味津々の様子だった。

 ブースの奥に大きな冷蔵ケースを置き、中に普段スーパー等ではほとんど見ることのできないブリやカンパチ、マダイ、シマアジ、ヒラメのラウンドとフィレー、加工品等を展示した。稚魚を見た後、冷蔵ケース内を見た消費者は、一様に「わっ!」と驚きの声を上げ、「あの小さな魚が、こんなに大きくなるんですか?」「2年でこの大きさになるの?」と目を丸くさせていた。切り身でしかブリやカンパチを見た事のない子供は、恐る恐る指先で魚をつついたり、魚の感触を確かめていた。

 その他ブース内には、壁全体に養殖魚を説明したパネルをかけたり、各県海水団体や漁協、生産者等が作製したパンフレットやレシピを20種類ほど並べた。特にレシピ付きのパンフレットは女性に人気があり、喜んで持ち帰る人が多く見られた。
 今回、アンケートに回答してくれた消費者の中から抽選で、“養殖魚をプレゼント”という企画を実施した。多くの消費者が「こんな魚が家に届いたら嬉しいです!」「家族全員、魚が好きだから大きい魚が届くといいな」と喜んで回答に応じてくれたが、中には「当たっても、魚をさばけないから困る」「料理をしないから・・・」「食べ方を知らない」と答える人も少なくなかった。

 全海水のブース見学者は約600人。幼児からお年寄り、一般消費者から栄養士・調理師、学校の先生や生徒など幅広い方々が来場し、大成功に終了した今大会は、「食育」を通して「養殖魚」への関心と理解を広める良い機会となった。

<プレゼント当選者からの感想>

 プレゼント当選者さんからいただいた感想を一部抜粋してご紹介いたします。
 みなさんおいしく楽しく養殖魚を食べてくださったみたいで、うれしい限りです!


  

<養殖マダイ当選★大阪市/O様>

 このたびは、おいしい鯛をほんとうにありがとうございました。
早速、発砲スチロールを開けると目の下40センチもある大きな鯛でした。
重さを量ってみると、およそ2.1キロもありました。
あまりの大きさにびっくりしました。
うろこを取り、3枚におろし、頭は、兜煮、身は、塩焼き、カルパッチョ、鯛めし、皮は、湯引きと5品もできました。
魚をおろすのはひさしぶりでしたが、家族4人(大人ばかり)が、おいしさとボリュームに大満足。
感激しました。ありがとうございました。

写真は、届いたばかりの鯛、カルパッチョ、鯛めし、兜煮(少し崩れてしまいました)です。


<マダイ加工品当選★大阪市/T様>

  おいしい鯛!ごちそうさまでした。
早速近くに住んでいます娘一家も呼んで、自分で祝う敬老の食事に招きました。感激と喜びと豪華で幸福な夕食のひとときでした。
 孫(小2・幼年長)2才位から鯛の造りは食感が好きなのか好物の1つとなって今回の鯛も「たい!タイ!」と言って美味しそうに子供なりに表現していました。(いただけた事も含めて!)
  大人達も身もしっかり、ほど良く脂ものって"養殖育ち"とは思えないネ!と皆で食べさせていただきました。やっかいな鱗処理・三枚おろしが済んでいて、即鯛の姿造り(後はごぼうで鯛のアラ炊)と酢じめ鯛はバッテラ風に箱ずしと昆布〆鯛はかつらむき大根で竜皮巻を作り腕をふるいました。本日いただいた3種セットでどれも使い道が多く今のヤングママ達にもPRできるのでは?真空パックが冷蔵庫で場所も取らない点等、多様な便利性が気に入りました。

<マダイ加工品当選★和泉市/S様>

◆届いてあけたときの感想は?
 あまりにも立派な鯛にびっくりした。
◆どんな料理で食べましたか?
 焼き物・あら煮・刺身・ばら寿司・昆布じめ
◆何か楽しいエピソードはありましたか?
 家族でどの料理からいただくか?
◆養殖魚のイメージは変わりましたか?
 変わりました、良い方に
◆誰と食べましたか?
 家族と。昆布じめ、ばら寿司は会合(ボランティア)に持っていき、色々と意見を聞き8人皆感動してくれました。今後勉強させていただこうと思っています。ありがとうございました。お正月に使わせていただきます。

<養殖ブリ当選★大阪市/A様>

 届いた時の感想は思っていたより大きい!でした。子供も大喜びしていました。
その日の夜、お刺身で食べて翌日は、照り焼き、アラの部分は冷凍しておいたので、今晩ブリアラ大根として食べます。
実家やお友達にも、おすそ分けしたところ皆「美味しいかったわ」と喜んでくれました。今までマグロの刺身しか食べなかった子供が喜んで食べていたのが印象に残っております。
本当にありがとうございました。

戻る トップページへ戻る