戻る トップページへ戻る

佐賀大会に4万3000人
「第5回食育推進全国大会・佐賀大会」開催
九州初の食育推進全国大会
展示、イベント盛り上がる
 
     【佐賀】九州初の開催となる「第5回食育推進全国大会・佐賀大会」が6月12,13日の両日、佐賀市文化会館と県総合体育館で開かれ、県内外から4万3000人が訪れて大盛況の大会となった。
  「さが食育フェスタ2010ー佐賀そう!だんらん 食と『うつわ』のハーモニー」をテーマに開催されたが、開会式典では古河康県知事が大会歓迎と食育推進を呼び掛けるあいさつを行い、開幕した。
  九州初の開催となることから、九州食品市、佐賀やきもの展、佐賀の食紹介など、九州・佐賀の特色をいかした展示、イベントで大会を盛り上げた。このほか“がばいばあちゃん”で知られる島田洋七氏や料理研究家・江上栄子氏をはじめとする講演会も多く開催された。
  食育に取り組む全国の企業・団体からの出展、料理講習会、ミュージカル、パネルディスカッションなど多彩なイベントが会場で行われ、どのコーナー、イベントとも大勢の人で賑わった。
  全国大会は毎年6月、内閣府と開催県の共催で行われる。次回は静岡県での開催が予定されている。
2010年06月16日 水産経済新聞
  

戻る トップページへ戻る