戻る トップページへ戻る

海外消費者の好きな日本料理
1位寿司、2位刺身、4位天ぷら
ジェトロが7カ国でアンケート
 
  

“寿司、刺身、天ぷらは浸透”−昨年末にジェトロが海外7カ国で行った消費者調査で、日本料理の代表メニューとして寿司や刺身、天ぷらが国・地域を問わず人気であることが分かった。

ジェトロは日本の農水産物の輸出促進の一環として、海外の消費者の食生活や日本の料理・食品に対する生の評価、需要を把握するために昨年12月、中国、香港、台湾、韓国、米国、フランス、イタリアの7つの国・地域の20〜50代の消費者・計2,800人にアンケートした。

好きな外国料理では、中国、香港の消費者の25%が日本料理と回答。米国を除く6カ国で日本料理がトップを占め、全体でも21%の人が日本料理と答えた。好きな日本料理メニューでは、全ての国で寿司がトップ。全体で寿司と答えた人は9.2%。刺身7.1%で2位、天ぷら6.7%で4位と上位を独占した。

2013/3/6みなと新聞

  

戻る トップページへ戻る