戻る トップページへ戻る

養殖クロマグロ初出荷/ブランド名「伊勢まぐろ」
「ブルーフィン三重」漁協系統では全国初の大規模マグロ養殖事業
JF三重漁連が販売
全国から卸売市場関係者「お披露目会」
 
初出荷を果たした「伊勢まぐろ」と永富JF三重漁連会長(中央)、有竹ブルーフィン三重社長
初出荷を果たした「伊勢まぐろ」と永富JF三重漁連会長(中央)、有竹ブルーフィン三重社長
  

【三重・南伊勢町】「漁協系統による全国初の大規模マグロ養殖」に取り組む「ブルーフィン三重」が14日、丸2年かけて育成した養殖クロマグロ「伊勢まぐろ」の初出荷を行った。併せて専用加工場も竣工し、今後販売面を担うJF三重漁連とともに、同事業の拡大を推進する。また、津市のホテルで、卸売市場関係者を招いた「お披露目会」も開催。全国から多数の関係者が集い、初出荷を祝った。

同社は平成23年4月、県下漁協系統団体が中心となって発足。厳しい環境下にある県下漁業の復興への起爆剤にと、総事業費約18億円を投じて、漁協系統では初となるクロマグロ養殖事業に着手した。

三重県南部の度会郡南伊勢町に本社を置き、同町の神前浦沖に直径50メートルのイケス18基を設置。稚魚(ヨコワ)は県下漁協の協力を得て、資源保護に基づいた漁獲枠に応じてすべて県海域で漁獲。餌飼料も、生餌は地元産のコウナゴやサバを使用し、配合飼料は日清丸紅飼料と共同開発した。

生産したクロマグロは「伊勢まぐろ」と命名。有竹等社長は、「当養殖場はマグロ養殖の北限に位置し、沖縄や九州などの国産の生産地と比べ海水温が低い。成長が遅いというハンディがある一方で、脂の乗った健康的な身の締まったマグロが育つというメリットもある。その強みを生かし、『伊勢マグロ』ならではのおいしいマグロを提供していきたい」と話す。

一方、販売面は、JF三重漁連が中心となって実施。ブルーフィン三重本社隣接地に、急速冷凍庫や試験開発室などを備えた専用加工施設「南伊勢水産流通センター」(延べ床面積約960平方メートル)が初出荷同日に竣工、各種加工事業を展開する。他と差別化を図った高い品質を武器に、販売面を担う県漁連とともに、今秋から販売を本格化させる。

初出荷の同日午後6時からは、津市の津都ホテルで、全国の卸売市場関係者を対象とした「お披露目会」を開催。「みえぎょれん会」の会長を務める脇田武司名北魚市場社長、全水卸会長の伊藤裕康中央魚類会長をはじめ、島貫文好仙台水産会長、関本吉成東都水産社長、青木信之大都魚類社長、吉川輝喜中部水産社長、丸茂知一大東魚類社長、岩本文雄名古屋海産市場社長ら大手荷受会社幹部が全国から約70人参加。また、地元関係者も多数出席の中、盛大に行われた。

この中で永富洋一JF三重漁連会長は、「本日、多くの関係者のご支援で待望の初出荷を迎えることができた。市場関係者の皆さまのご協力をいただきながら、今後、この『伊勢まぐろ』が全国に知れわたるブランドとなるよう取り組んでいきたい」と述べた。

また、来賓あいさつでは全水卸を代表し、伊藤会長が、「漁協系統組織によるマグロ養殖はこれまでに例のないこと。関係者のその並々ならぬ情熱に対し感服した次第だ。三重県の漁業者が魂を込めて育成したマグロを、市場でもしっかりと扱わせていただきたい」とあいさつ。また鏡開きでは、島貫仙台水産会長が、「東日本大震災の際、三重県漁連や漁協関係者から多くの暖かい支援をいただいた。そのご恩をお返ししなければならない。これからもこの強い絆を大切にしていきたい」と語った。

みなと新聞

   「お披露目会」には全国から多数の市場関係者が駆け付けた。
「お披露目会」には全国から多数の市場関係者が駆け付けた。

戻る トップページへ戻る