戻る トップページへ戻る

オリーブハマチ&プレミアム・モルツ連携で拡販
高松市で成果報告会
 
  

【高松】サントリービア&スピリッツ(本社・東京)は、香川県や県漁連と連携しオリーブハマチなどの県産品とザ・プレミアム・モルツ販促を行っており、20日高松市内のホテルで成果報告会を開いた=写真。

オリーブハマチやオリーブ牛など県産品とサントリーのザ・プレミアム・モルツのクロス販売は2011年にスタートした。報告会には浜田恵造知事、服部郁弘県漁連会長、山田賢治サントリービア&スピリッツ中国・四国支社長ら関係者約150人が出席した。

取組の成果では11年にモルツの販売が約13万ケース、12年には約15万ケースに伸長。本年度は約16万ケースを見込む。オリーブハマチは今年25万尾、オリーブ牛は1500頭の出荷を見込んでおり、県産品とモルツの出荷が順調に伸びていると連携の成果を報告。13年のオリーブハマチとプレミアムモルツのクロス売り場の展開は昨年より68店舗多い、250店舗で展開すると紹介した。会場ではオリーブハマチなどの試食会が行われた。

みなと新聞
  

戻る トップページへ戻る