戻る トップページへ戻る

近大水産研究所−初の大学直営養殖専門料理店−12月銀座に2号店
 
連日大行列ができる1号店の大阪店
連日大行列ができる1号店の大阪店
  

近畿大学(大阪府東大阪市)は、日本初の大学直営の養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所銀座店」を12月2日銀座コリドー街にオープンする。同店は、同大学が世界で初めて完全養殖に成功した「近大マグロ」をはじめ、近畿大学水産研究所(和歌山県白浜町)で研究・育成した「安心・安全、そして美味しい養殖魚」を直接消費者に提供する専門料理店。1号店は大阪の新名所、グランフロント大阪に出店、今年4月26日にオープンした。開店半年を過ぎた今でも連日大行列ができ、11月の予約も受け付け開始からわずか数時間で満席になるほどの人気だ。

養殖業界全体の底上げ狙う

2号店の銀座店は1号店と同様、魚類以外の食材は、和歌山県の協力で和歌山県産にこだわる。和歌山で育った食材と近大産の魚類との相性の良いコラボレーションメニューを提案する。店舗運営などはサントリーグループのダイナックがパートナーとしてトータルサポート。大学が研究の成果として自ら生産したものを、産官学が連携して専門料理店で消費者に直接提供するケースは大阪の1号店が日本で初めて。天然魚ばかりが重要視される飲食業界で、養殖魚を前面に打ち出した飲食店は非常に珍しく「本学の大きな挑戦」(近畿大学)。日本初の取り組みを続けることで養殖業全体の底上げを図り、「日本の養殖業が世界で戦える一大産業になることを目指したい」(同)という。

経営はアーマリン近大(和歌山県白浜町)が担当。同社は近畿大学水産研究所が育てた優良な魚を「安心・安全、そして美味しい養殖魚」として広く消費者に販売することを目的に設立。クロマグロ、マダイ、シマアジ、ブリ、カンパチ、トラフグなどの養殖用種苗および20種類以上の成魚、加工品を販売する。

銀座店は①国内外で年間約150店舗の開店・開発に携わっているミュープランニング&オペレーターズのプロデュースにより、落ち着いた雰囲気とカジュアル感が絶妙にマッチした空間を演出②近畿大学の総合力を生かして、メニュー開発、食器作成などを「実学教育」として学生の参画を予定③店内にはタブレット型の情報端末機を設置するなどで養殖魚の生産履歴の情報提供や近畿大学や水産研究所の紹介も行う。

提供メニューは、近大産養殖魚を中心に、水産研究所のスタッフがダイナック、和歌山県と協力してメニューを作成する他、農学部食品栄養学科に所属する学生が開発したメニューや、近大マグロを全体をくまなく利用した料理も提供する予定。魚種は、近大マグロ、マダイ、シマアジ、ブリ、カンパチ、ヒラメ、クエなど。客単価はディナーで5000〜6000円程度を想定している。

2013/10/31 みなと新聞

  

戻る トップページへ戻る