戻る トップページへ戻る

茨城県古河市仁連小学校において養殖魚(業)の授業開催
 
  

☆平成25年12月の足立区立渕江小学校に引き続き、竹田英則副会長(愛媛県魚類養殖協議会・会長)と事務局が、茨城県古河市仁連小学校において養殖魚の授業を行いました。

子供達は事前に全海水作成のパンフレット『絵で見る養殖業』とDVD『ウォールドくんの養しょく業ってなんだろう!?』で学習していたので、養殖魚(業)の簡単な説明の後、質疑応答を行い、ブリとマダイ、カンパチ、シマアジ、ヒラメの触れ合い、ブリ・カンパチの解体実演、ブリ・カンパチの刺身の試食を行いました。

  

養殖魚との触れ合いでは鱗を記念に持って帰る子がおり、また養殖魚の試食では初めて刺身を食べることが出来た子がいるなど、楽しみながら養殖魚を知ってもらう事が出来ました。


後日、参加した児童の皆さんや先生方から素敵なお手紙やお写真をいただきました!
また、仁連だより「きずな」にも掲載していただきました!
※それぞれの手紙をクリックすると拡大して表示されます。
個人情報を保護するため、お名前は見えないようにしてあります。


戻る トップページへ戻る