戻る トップページへ戻る

宇和島水高「フィッシュガール」
女子高生が魚食普及
愛媛の魚、全国でPR
 
マグロ解体とその説明を行うフィッシュガールの2人
マグロ解体とその説明を行うフィッシュガールの2人
  

魚食拡大に向けては行政だけでなく、民間レベルでも多くの取り組みが行われている。この中でも最近注目を集めているのが、宇和島水産高校の女子生徒7人で結成した「フィッシュガール」だ。愛媛県産の水産物を広めるため、全国各地の大手量販店などに出向き、女子高生によるマグロの解体ショーなどを行っている。

宇和島水高は、漁業や養殖などの専門科をもつ老舗の水産高校として知られているが、フィッシュガールは女子生徒が7割を占める水産食品科の生徒7人で結成された。この科は缶詰製品の開発などを行っており、実際に愛媛の養殖魚(愛育フィッシュ)を用いたブリ大根や鯛めしなど、ユニークな缶詰を開発。販売も好調に推移しているという。

水産高校らしく、授業や研修の一環として、全校生徒がブリやマグロの解体を一度は体験する。「愛媛、宇和島のおいしい魚をもっと知ってもらいたい」との熱意をもち、教師の後押しもあってフィッシュガールの活動を開始。当初は依頼数も少なかったが、徐々に引き合いが加速。最近では引っ張りだこになるほどの人気ぶりを博し、フジテレビの27時間テレビの中でも紹介された。

量販店での活動は、主に2人で実施をする。一人がマグロの解体を行い、もう一人が説明を担当。どこの会場も、自分よりも大きな体長や重量を持ったマグロを解体する女子高生に視線が集まるが、説明がかりも捌き方の解説をしつつ、飽きさせないようなトークを展開させている。

解体の途中には、数量が少ないカマや中落ちを購入する人を決める即興のじゃんけん大会など、大人から子供まで楽しめる工夫も。捌いたマグロはその場で販売され、ほかの売場ではマダイやブリといった愛育フィッシュが並び、連鎖的に購入していく人も多い。

フィッシュガールの一人である3年生の河野奈津美さんは、「楽しいことばかり。もっと宇和海の魚を広めていきたい」と、魚食普及の拡大にさらなる意欲をみせている。

2014/09/03 水産経済新聞

  

戻る トップページへ戻る