戻る トップページへ戻る

大阪府大阪市立苅田北小学校において養殖魚(業)の授業開催
 
  

☆事務局が、大阪市立苅田北小学校において養殖魚の授業を行いました。

子供達は事前に全海水作成のパンフレット『絵で見る養殖業』とDVD『ウォールドくんの養しょく業ってなんだろう!?』で学習しており、養殖魚、養殖業の簡単な説明を行った後、質疑応答を行い、ブリの触れ合い、解体実演を行いました。

苅田北小学校5年担任の先生から以下のメッセージをいただきました。


「先日養殖魚の教室でお世話になりました。
子どもたちはブリの解体がとても印象に残ったようでした。
その後社会科の学習でも、養殖魚のことについてはよく覚えていました。
貴重な体験をありがとうございました。」

また、以下のような生徒さんの感想をいただきました。


「ぶりの解体ははじめてみました。心ぞうや胃などが出たときは思わず目を閉じてしまいました。
でも、身はとてもおいしそうでした。食べられなかったのがちょっと残念でした。
私は魚をさばいたことがないけど、いつかチャレンジしたいと思います。」

「さばくのを見たのは初めてだったけれど、すごかったです。『こんなふんにさばくんだなあ』と思いました。
この日にさばいたブリは、養しょく魚のなかで生産量が1位だということを教えてもらいました。養しょく魚はほかにもたくさんいることも教えてもらいました。
いろいろなことを教えてもらえてうれしかったです。」


一心に話を聞く子供たち
一心に話を聞く子供たち
   丸ごとの魚を興味津々に触る子供たち
丸ごとの魚を興味津々に触る子供たち

戻る トップページへ戻る