戻る トップページへ戻る

ECサイト「長島大陸市場」オープン
東町漁協の「鰤王」全国どこからでも
 
「鰤王」ブランドで広く認知
「鰤王」ブランドで広く認知
  

国内有数のブリ養殖産地である鹿児島県長島町にあるJF東町漁協の子会社(株)JFAが、ウェブ上で販売を行うECサイトである長島大陸市場(http://nagashimatairiku.com/をオープンした。全国どこからでも、東町漁協の「鰤王」を購入できるようになる。

長島大陸市場では、東町漁協がオリジナル配合飼料を給餌することでブランド魚として養殖している「鰤王」や「鯛王」を販売するほか、将来的にはかんきつ類や野菜など長島町の特産品を広く取り扱い、ネット上の「道の駅」を目指すという。

サイトの開設にあたっては、ネットマーケティングのプロであるIT会社の土井隆社長を「地域おこし協力隊」として登用し、「鰤王」の個人向けブランドづくりを後押ししている。また、サイトの管理・運用のために長島町出身者のUターンも決まっているという。

東町漁協ではEU向けHACCPを取得していることなどを強みに、平成26年度は世界27か国に約20万尾を輸出した実績をもつ。25年には総合加工場を新設し、ロインやフィレーだけでなくブリカツなど加工度の高い製品の製造販売も手掛けている。今年9月には販売を強化するために子会社(株)JFAを設立していた。

2015/12/18 水産経済新聞

  

戻る トップページへ戻る