戻る トップページへ戻る

養スズキ出荷3倍 ― 愛媛・八幡浜
地元漁協はブランド化へ協議会
 
愛媛産養殖スズキ
愛媛産養殖スズキ
  

愛媛県西部の八幡浜周辺で養殖スズキの生産量が増えている。八幡浜漁協によると、2015年の八幡浜管内の水揚量は4万尾だったが、16年は約3倍の11万尾に増加。八幡浜漁協の水温が上昇し、八幡浜管内がスズキ養殖の適地になったことや、収益性の高い養殖魚を生産者が模索していたこともあるようだ。

同管内では現在、生産者7社がスズキ養殖を行うが、同漁協では6年前から生産者にスズキの養殖を紹介していた。同漁協では生産者数社や関係者とブランド協議会も立ち上げ、ブランド化に乗り出した。森商事(福岡市)の「黒糖仕上げ」を混ぜた餌などを与えたスズキで、「黒糖スズキ」とネーミング。昨年は試験販売した。

今年7月から本格的に出荷をスタートする計画。1.5キロ以上のサイズを、同漁協を通じて活魚や産地締めで出荷する。

今後について同漁協経済事業部の菊池賢一部長は「種苗確保の課題をクリアできれば、将来的には年間15万尾の出荷も可能だろう」と話す。さらには、「八幡浜は小規模の生産者が多く、アジ、イサキ、シマアジなど複数魚種を養殖している。それらも付加価値をつけ、ブランド化していく」とも強調した。

2017/5/10 みなと新聞

  

戻る トップページへ戻る