写真で見る養殖現場!−エサやり

◆ 健康な魚を育てるために!! ◆

 エサやりはとても大切です。生産者は、魚の種類や大きさ、魚の体調、水温等様々な状況を考えながらエサやりを行います。
 養殖を行う中で一番手間ひまをかけているエサやり。お腹をすかせた子供達(魚)には、美味しく栄養バランスの取れた食事を与えなければいけません!
 現在、養殖では大きく分けてモイストペレット(MP)ドライペレット(DP)の2つのエサが使われています。


今回は、長崎県のハマチ養殖業者、
井上さん(MP)と
川内さん(EP)の
エサやりを紹介します。

(※写真か文字をクリック!)

ドライペレットによる
エサやりを見る