写真で見る養殖現場!−エサやり

◆ ドライペレットによるエサやり ◆

 ドライペレットとは乾燥した固形タイプのエサ。
養殖する魚に合わせて、バランス良く栄養素が入っています。また、形がしっかりとしているため、水に入っても崩れることはなく、ほぼ100%魚の口に入るため、環境に優しいエサでもあります。

今回は長崎県橘湾のはまち養殖業者、川内さんのエサやりを紹介します。

■ドライペレット(DP):ハマチ養殖

パレットに積まれたエサはエクストルーダーペレット(EP:ドライペレットの一種)。

1袋20kg入りで、常温で保存することが可能です。


そのエサをクレーンを使って給餌船に積み込みます。

積み込みが終わると、生簀のある沖へ向かいます!


袋を開けてEPを撹拌機(かくはんき:エサを混ぜる釜)の中へ。


(写真右)成分表:飼料安全法に基づいて製造されており、表示が義務づけられています

必要があれば栄養剤(ビタミンなど)を加えます。

EPは魚種や魚の大きさによって、各々栄養バランスを考えて作られているので、MPと比べるとエサ作りの手間はかかりません。

ビタミンがEPに付着するように、港から持ってきた水道水を加え、良くかき混ぜます。





給餌船は、風向きや潮の流れを考えて、生簀の横につけます。

給餌前の穏やかな生簀に・・・

エサを与え始まると・・・

まずは中心に、大きな波しぶきが!

ハマチがエサに気付いて、次々と飛びつきます。

トビウオのように水面上にも勢いよく飛び出してくるんですよ!


その輪は徐々に広がって、
 
全ての魚に十分にエサが行き渡っていきます。

ハマチが横向きに水面にジャンプしています(白いお腹を見せています)

ハマチのお腹が満たされていくと徐々にしぶきは小さくなります。


全ての生簀にエサをやり終えたら、給餌船をきれいに洗って作業は終了です!

このように魚のことを考えて栄養満点のエサを作り、魚の様子をしっかり確認しながらエサは与えられます。
時期や魚の大きさなどによって変わりますが、MPのエサやりにかかる時間は1生簀およそ20〜30分。EPの場合は、10〜15分です。

夏場のエサやりは汗だくで、日に焼けて真っ黒に・・・。
冬場のエサやりは寒さに耐えながら・・・。
健康で美味しい魚に育てるために、生産者は1年中、頑張っています!!
毎日、生産者の愛情を受け、きれいな環境で育てられた美味しい養殖魚!
皆さんたくさん食べてくださいね(^-^)

ここでは『ドライペレット』
エサやりを紹介しました。

他にも『モイストペレット』という
エサをやることもあります。

その方法も是非見て下さいね!
(※写真か文字をクリック!)

モイストペレット(MP)による
エサやりを見る

(他のタイプのエサ)