かごしま養殖カンパチ丼祭開催

2018年08月29日

5種類を食べ比べ
抽選会ではカンパチのロインが当選

かごしま養殖カンパチ丼祭

「第1回かごしま養殖カンパチ丼祭」(JF鹿児島漁連主催)が8月19日、鹿児島市内のおいどん市場与次郎館で開催された。天気にも恵まれ、親子連れなどが多数訪れ、養殖カンパチのおいしさを味わった。

「祭」には、鹿児島県の魚として認定されているJF垂水市漁協の「海の桜勘」の「カツパチ丼(ソースカツ丼)」、JFねじめ漁協の「黄金カンパチ」のローストカンパチ丼、JF鹿屋市漁協の「鹿屋バラかんぱち」、JF山川町漁協の「菜の花カンパチ」、JF高山漁協の「辺塚だいだいカンパチ」の5種類のカンパチ丼をそれぞれ1杯500円で販売した。

400食限定としていたが、多くの客が駆け付け余剰分を含め465杯を販売した。

かごしま養殖カンパチ丼丼の購入者を対象に養殖カンパチのロイン(四ツ割り)がその場で当たる抽選会も開催。認定カンパチ5種類の刺身すべてが入った「贅沢パック」の販売も行われた。

「JFマリンバンク浜の応援隊」も駆け付け、盛り上げた。

鹿児島県では、年間550万尾のカンパチを養殖している。

2018/8/29 水産経済新聞

ページの先頭に戻る