養殖魚が食卓に届くまで

養殖魚の主な流通経路

日本の養殖魚は、次のような経路で流通しています。

  1. 生産者

  2. 漁連(漁協)

    漁連(漁協)

    生産者(漁業者)で組織する漁業協同組合(通称:漁協)やその漁協で組織する漁業協同組合連合会(通称:漁連)が生産者に変わって魚を卸売市場へ販売します。又、これら漁協や漁連が生産者に代わって魚を販売することを系統販売と呼びます。

    浜仲買商

    浜仲買商

    生産者から魚を買い付け、卸売市場へ魚を販売します。又、浜仲買商のことを出荷業者とも呼びます。

  3. 卸売市場

    卸売市場

    公開・公平な運営原則のもとに、集荷した生産物を販売する少数の卸売業者と多数の買い手(仲卸人・買参人等)による取引の場。その種類は
    (1)中央卸売市場
    (2)地方卸売市場
    (3)中央・地方卸売市場以外の卸売市場
    の3つがあり、これら卸売市場を介し た流通は市場流通と呼ばれています。

    卸商

    卸商

    生鮮食料品などについて全国的な規模で集荷し、仲卸商に販売します。

    仲卸商

    仲卸商

    卸売市場内において店舗を持ち、卸売商から買い付けた物品を小口に分け、鮮魚小売商や量販店、又外食業者などに販売します。

  4. 魚屋・スーパー量販店・外食

  5. 消費者

養殖魚の主な輸送方法

養殖魚は、一番おいしい状態で消費者の食卓に届くように計画的に生産・出荷されています。
”生きたまま輸送できる”、”店頭に並ぶ時間から逆算して〆(しめ)る”、”一尾一尾丁寧に血抜きを行う”など、鮮度・おいしさを保つための工夫がいっぱい。だから養殖魚は『鮮度抜群』で、『おいしい』のです!

  • 陸上輸送

    • トラック(保冷車)輸送

      トラック(保冷車)

      産地で箱(発泡スチロール製)詰めされた養殖魚(〆た状態)を冷蔵設備を備えたトラックに積み込み、魚をチルド(5℃前後)状態で輸送する方法。 主にブリなどの大型の養殖魚を大量に運びます。

    • 活魚トラック輸送

      活魚トラック

      海水を入れた水槽を荷台に備えた専用トラックを使って、魚を生きた状態(活魚)で運ぶ方法。
      主にマダイやヒラメ、トラフグなどの小型の養殖魚を輸送するのに適しています。

  • 海上輸送

    関東は、神奈川県の三浦市や横須賀市などに、関西は、神戸市や和歌山市などに出荷基地があります。

    海上輸送

    船に水槽を備えた専用船で、魚を生きた状態(活魚)で運ぶ方法。
    主にハマチやカンパチなどの大型の養殖魚を一度に大量に運ぶことができます。

ページの先頭に戻る