養殖魚のエサ

養殖が始まった頃は、日本近海でマイワシが豊富に獲れていたことから、生餌が与えられていました。しかし、マイワシの減少、養殖魚の品質向上、漁場環境の保全等の理由から、より優れたエサの開発が進められてきました。

そこで、作られた物がMP(モイストペレット)であり、DP(ドライペレット)です。
使用されるエサは、生餌⇒MP⇒DPと時代と共に変わり、現在は、魚の種類や成長度合、水温など様々な要因により主にDPとMPを使い分けています。
将来的にはDPのみで魚を飼うようになる事が予想されます。

養殖魚のエサの種類

  • 生餌(なまえさ)

    養殖魚の生餌

    形状
    生魚の切り身
    原料
    多獲性魚種(一時的にたくさん獲れる魚の総称)である、イワシ類(マイワシ・カタクチイワシ)、サバ類、スケトウダラ、サンマ、アジ類など。
    使用状況
    現在では、生餌のみを与えることはほとんどなく、主にMPの原料として使用されています。
  • モイストペレット

    養殖魚のモイストペレット

    形状
    半生の固形タイプ
    原料
    生餌、魚粉、魚油など
     
    使用状況
    混ぜ合わせる割合を変えたり、ビタミンなどの栄養剤を加えることもでき、養殖業者自らの判断で、魚の様子に合わせたエサを作れるため、現在最も多く使用されているエサです。
  • ドライペレット

    養殖魚のドライペレット

    形状
    乾燥した固形タイプ
    原料
    魚粉、小麦粉、大豆油かすなど
    使用状況
    養殖する魚に合わせて、バランスよく栄養素が入っていて、しかも形がしっかりとしているため、水に入っても崩れることはなく、ほぼ100%魚の口に入るため、環境にやさしいエサといえます。

養殖魚のエサの与え方(給餌方法)

魚の成長や味はもちろん、自然環境に配慮して給餌しています。

お腹がいっぱいになるまで与える(飽食給餌)のではなく、栄養学をもとに魚のエネルギー要求量を計算して魚を与えて(適正給餌)います。
エサが残って海を汚すことはないので、環境に優しい給餌方法といえます。

カロリーや栄養素を計算して作ったエサを適量与えることで、健康で身のしまったおいしい魚になります

  • 手まき給餌

    養殖魚の手まき給餌

    主な対象魚
    稚魚やトラフグ、ヒラメなど
    使用方法
    魚が小さいときやゆっくりエサを食べる魚(トラフグ、ヒラメなど)への給餌方法です。
  • 機械給餌

    • 給餌船給餌

      養殖魚の給餌船給餌

      主な対象魚
      ブリ(ハマチ)、カンパチなど
      使用方法
      船に備え付けた専用の機械を使ってエサを与えます。
      エサを勢いよく沢山食べる魚への給餌方法です。
    • 自動給餌

      養殖魚の自動給餌

      主な対象魚
      マダイ、シマアジなど
      使用方法
      生簀(いけす)中央に設置した自動給餌機で魚にエサを与えます。
      毎日魚の状態や水温を確かめ、エサの量や給餌時間などを設定します。

ページの先頭に戻る