養殖魚について知る

  • どこで生産されているの?
  • どんな魚が養殖されているの?
  • 養殖魚のできるまで
  • どのように食卓に届くの?
  • グラフで見る養殖魚

日本の養殖業のことはこれ一本でOK「ウォールドくんの養殖業って何だろう!?」「粋な魚をお届けします!日本の養殖業」DVDのご紹介

DVD「ウォールドくんの養殖業って何だろう!?」「粋な魚をお届けします!日本の養殖業」

子ども用(約12分)と一般用(約19分)が1本のDVDになっています。
学校、講習会の教材に最適です。
学校、消費者団体等の皆様には無料で配布しております。

配布をご希望の方は こちら から資料申請できます。

  • 子ども用「ウォールドくんの養殖業って何だろう!?」サンプルムービー

    (再生時間:約1分27秒)

  • 一般用「粋な魚をお届けします!日本の養殖業」サンプルムービー

    (再生時間:約3分34秒)

※お使いのパソコンの環境によってはムービーが見られないことがあります

日本の魚類養殖業のすべてが分かる!「絵で見る海面魚類養殖業」パンフレットのご紹介

パンフレット「絵で見る海面魚類養殖業」↑クリックして中身をチェック↑

A4版オールカラー、20ページ。令和元年改訂版発行。
お問い合わせは協会まで。

パンフレットのダウンロード

おもしろ情報

  • 東町漁協ASC養ブリ出荷

    早期採卵の人工種苗で初 鹿児島 東町漁協(鹿児島県長島町)は6月18日付で取得した水産養殖管理協議会(ASC)認証のブリの出荷を始めた。卸会社のマルイチ産商(長野市)を通じて流通させ、20日から全国のイオン(北海道、沖縄を除く)で販売する。 イオン20日から全国で発売 同漁協とマルイチ産商は昨年10月に地域活性化包括業務連携協定を締結。漁協と民間企業による新たな養殖魚流通ビジネスモデルの構築を目指 […]

    記事を読む

  • 東町漁協加工場がISO22000

    ブリ製品 安全安心さらに強化 養殖ブリ生産量日本一を誇る(鹿児島県長島町、長元信男組合長)の加工場、総合加工場が5月15日、食品安全管理に関する国際規格であるISO 22000を取得した。安全安心な食品供給体制をさらに強化する。認証機関は豪州のTQCSインターナショナル。 ISO 22000はHACCPの内容を全て含み、さらにマネジメントシステムの要素が加えられた国際規格。消費者により近い目線で安 […]

    記事を読む

  • フグ処理者の全国基準策定へ

    業界から歓迎の声 厚生労働省が検討会 都道府県ごとに定めてきたフグ処理者の認定基準を全国統一基準に策定する準備が進んでいる。厚生労働省は第1回となるフグ処理者の認定基準に関する検討会を4月26日に東京で開催し、全国統一基準の取りまとめ作業に入る。フグ業界関係者は以前から「国に統一基準を定めてほしい」と要望しており、国による基準策定の動きを歓迎している。 有毒部位をもつフグの扱いは、食品衛生法に基づ […]

    記事を読む

おもしろ情報一覧を見る

資料請求

パンフレットやDVDなどの資料提供を希望される方は以下の手順でお問い合わせください。

  1. お電話でお問い合わせ

    全国海水養魚協会お問い合わせ電話番号:078-681-9106

  2. 資料提供申請書を
    ダウンロード

    全国海水養魚協会資料提供申請書ダウンロード

  3. 必要事項をご記入の上、
    FAXにてご送付

    全国海水養魚協会FAX番号:078-681-1872

ページの先頭に戻る