豊かな漁場と生産者の巧みな技術

ファミマがブリおにぎり

2021年02月27日

南九州限定 苦境の養殖業者応援
ファミマ「ブリそぼろ照焼き」おにぎり

直巻 ブリそぼろの照焼き

南九州ファミリーマート(鹿児島市、飯塚隆社長)は1月26日、鹿児島県産の養殖ブリと養殖カンパチを使ったおにぎりとつみれ汁の新商品を、鹿児島、宮崎両県の390店で発売する。コロナ禍で苦境に立つ県内漁業者を、県や市場、販売店が一体で応援する「かごしまシーフードレスキュー」と連携した取り組み。

シーフードレスキューと連携

おにぎりは2種類。ブリのそぼろを甘辛く照り焼きにした「直巻 ブリそぼろの照焼き」と、カンパチの切り身を塩焼きにした「直巻 カンパチの塩焼き」で、いずれも3万食限定で、価格は130円(税込み)。

「ブリのつみれ汁(味噌)」は、ブリのつみれをはじめ、さつま揚げや大根、ゴボウ、ニンジン、ネギなど具がたっぷり入ったみそ汁。1万食限定で、398円(同)で販売する。

ファミマ「カンパチの塩焼き」おにぎりファミマ「ブリのつみれ汁」

2021/1/27 みなと新聞

ページの先頭に戻る