豊かな漁場と生産者の巧みな技術

捌き方解説で消費拡大、JFおおいた 動画サイト開設

2022年03月22日

JFおおいた おさかなチャンネル
養殖ブリ(写真)など県の主要魚種の捌き方を解説する

JFおおいた(中根隆文組合長)は3月16日、動画投稿サイト・ユーチューブに「JFおおいた おさかなチャンネル」を開設した。養殖ブリなど県産の主要10魚種の捌き方を公開しており、消費拡大および魚食普及を図る。

長い新型コロナウイルス禍で「ステイホーム」が定着し、自宅で自炊を楽しむ人が増えていることから、「おさかなチャンネル」では大分県の特産である養殖物のブリ、ヒラメ、シマアジおよび天然のハモ、タチウオ、マダイ、マアジ、カワハギ、アオリイカ、イセエビの計10魚種について、捌き方の動画配信を始めた。

一本当たりの動画時間は2分程度。漁協直営店の「おさかなランドOPA店」の薬師寺稔店長が腕を振るう。三枚おろしなど調理する際の包丁の入れ方などは、ナレーション付きでポイントを押さえた解説になっている。

同漁協によると、今後は魚種を増やすほか、刺身の切り方・盛り付け方などバリエーションを増やしていくという。なお、動画作成には、県の「県産水産物流通拡大推進事業」が活用されている。

2022年3月22日 水産経済新聞

ページの先頭に戻る