HOME > どんな魚が養殖されているの? > ヒラマサ(平政)

ヒラマサ

■ヒラマサ(Seriola aureovittata)

  • スズキ目アジ科ブリ属
  • ブリやカンパチと並ぶ青ものの代表
  • 生産量の多い上位5県
    長崎県、大分県、愛媛県、鹿児島県、佐賀県
  • 刺身の他、照り焼き、バター焼き、塩焼き、ホイル焼きも
■住んでいる場所

 ブリ・ハマチやカンパチ同様、スズキ目アジ科ブリ属の魚ですが、ブリより幾分温暖な海域を好み、太平洋側では金華山以南、日本海側では津軽海峡以南にすんでいます。

■青物の代表

 ヒラマサはブリやカンパチと並ぶ青ものの代表であり、全長1m、体重10㎏にも達し、地方ではひらす(大阪、高知、九州)、ひらそ(島根)、まさ(東京)などと呼ばれています。

 この魚の養殖はブリ同様、天然種苗を利用しますが、近年ではカンパチ同様、中国から種苗を輸入し、養殖しています。生産の多い上位5県は長崎県、大分県、愛媛県、鹿児島県、佐賀県。

■食べる

 又、この魚は刺身の他、脂の乗った大型のものは照り焼き、バター焼き、塩焼き、ホイル焼きなどに適しています。

ページの先頭に戻る