HOME > どんな魚が養殖されているの? > クロダイ(黒鯛)

クロダイ

■クロダイ(Acanthopagrus schlegelii)

  • スズキ目スズキ亜目タイ科
  • クロダイと共に磯釣りの対象魚として有名
  • 生産量の多い県
    三重県、石川県、長崎県、福井県、高知県
■住んでいる場所

 クロダイはスズキ目スズキ亜目タイ科の魚で、日本沿岸~朝鮮半島沿岸~中国北部沿岸にすんでいます。一般に水深50mより浅い海にすみ、幼魚ほど塩分濃度の低い内湾や河口部にすむ傾向が強く、成長するにつれて塩分濃度の高い海域へ移動し、単独行動するようになります。

■磯釣りの代表的な対象魚!

 地方ではぴんたい(静岡)、くろちぬ(高知)、おおすけ(大阪)、かわだい(福井)、ちんだい(下関、島根)、ちぬ(瀬戸内海沿岸)などと呼ばれており、メジナと共に磯釣りの代表的な対象魚です。そして雌雄同体(成長に伴い雌雄が変化する)の魚でもあります。

 この魚の養殖は人工種苗を利用していますが、マダイの需要が高いことから、その生産量は比較的少なく、現在は三重県、石川県、長崎県、福井県、高知県などで養殖しています。

■食べる

 又、この魚は刺身は勿論のこと、焼き物や味噌漬け、ホイル焼きなどにも適しています。

ページの先頭に戻る