HOME > どんな魚が養殖されているの? > イシダイ(石鯛)

イシダイ

■イシダイ(Oplegnathus fasciatus)

  • スズキ目イシダイ科
  • 大きくなると性別で衣替えをする
  • 成長速度が遅いため単独養殖しない
    (他の魚と一緒に養殖する)
  • 生産量の多い上位5県
    長崎県、熊本県、大分県、和歌山県、鹿児島県
  • 白身の高級魚!洗いや刺身、塩焼きやバター焼きまで。
    味噌漬けで保存も○。
■住んでいる場所

 北海道以南~日本海及び太平洋沿岸を経て屋久島、韓国、台湾にすんでいます。ふ化後は、流れ藻に付いて北上し、成長と共にその多くは南西日本沿岸域に定着します。主に岩礁に生息し、貝類などの付着生物を食べて成長しますが、大きくなると産卵のために南下します。

■性別で衣替え?!-ウェディングドレスとモーニング-

 また、体重が200~300gになると体色で雌雄の判別がし易くなります。即ち、雄はゼブラ模様が消え始め体色が灰白色となるのに対して、雌の体色は灰色で全体が黒っぽくゼブラ模様が残ることから、雌雄の判別はウエディングドレスを旦那様が、黒のモーニングを花嫁が着間違えたと憶えてください。地方では、うみばす(大阪)、くろくち(玄海)、しまうま(松江)、さんばそう(福井、島根、松山、下関)などと呼ばれ、親しまれています。

■成長速度が遅~い

 この魚の養殖は人工種苗と天然種苗を利用していますが、1歳魚以降の成長が極めて遅く、出荷サイズの600g以上になるのに3~5年を要するため、他の魚の様に単独で養殖することは少なく、ブリ(ハマチ)などの魚と一緒に養殖する。生産量の多い上位5県は、長崎県、熊本県、大分県、和歌山県、鹿児島県。

■食べる

 又、この魚は白身の高級魚であり、洗いや刺身は勿論のこと、塩焼きやバター焼きの他、長く保存したい時には味噌漬けにも適しています。

ページの先頭に戻る