HOME > どんな魚が養殖されているの? > カサゴ(笠子)

カサゴ

■カサゴ(Sebastiscus marmoratus)

  • カジカ目カジカ亜目カサゴ科
  • 黒褐色から暗赤色まで-変化に富む保護色
  • 生産量の多い上位5県
    愛媛県、香川県、熊本県、長崎県、山口県
■住んでいる場所

 カサゴはカジカ目カジカ亜目カサゴ科の魚で、メバル同様、北海道南部以南の岩礁地帯で群をつくらず、それぞれの縄張り持ってすんでいます。

■黒褐色から暗赤色まで-変化に富む保護色

 体色が黒褐色から暗赤色まで魚によって変化に富んでいるのは、すみかによって体色を変える(保護色)ためです。地方ではあかぞい(青森)、あかめばる(神奈川)、あこう(茨城、愛知)、あらかぶ(福岡、佐賀、長崎)、ほご(大分)、がしら(大阪、和歌山、神戸、高知)などと呼ばれています。

  この魚の養殖はメバル同様、韓国から天然種苗を輸入し、養殖しています。生産量が多い県は愛媛県、香川県、熊本県、長崎県、山口県。

■食べる

 又、この魚は無骨な姿をしていますが、白身で淡泊な肉質は絶品であり、大きなものは刺身にし、小さなものはそのまま唐揚げにするか、味噌汁や吸い物をお薦めします。

ページの先頭に戻る