HOME > どんな魚が養殖されているの? > マサバ(真鯖)

マサバ

■マサバ(Scomber japonicus)

  • スズキ目サバ亜目サバ科サバ属
  • 腹部がきれいな銀白色
  • 栄養価も高く、いろんなお料理に使える!
  • 生産量の多い県
    愛媛県、大分県、兵庫県、熊本県など
■住んでいる場所

 日本列島近海で見られます。春から夏にかけては北上し、秋から冬にかけては南下していきます。沿岸域の表層を大群をなして遊泳します。

■栄養価が高い!

 高血圧・動脈硬化などを予防すると言われているEPA(エイコサペンタエン酸)が非常に多く含まれています。

■食べる

 脂が乗ってくる秋が旬と言われますが、地方によって獲れる季節が違います。また冷凍技術の発達により、最近では一年中食べることができます。

 食べ方としては、みそ煮・焼き魚・しめサバ・刺身・竜田揚げ・船場汁・ハーブ焼き他いろいろ楽しめます。臭み取りを工夫すると食べやすいです。

■サバを養殖!?

 サバは“あしがはやい”と言われ、なかなか刺身で食べる機会はありませんが、養殖サバは、活魚で流通させ、食卓に上る時間に合わせた〆、ることが可能で、刺身商材として重宝されています。

 また、養殖アジ同様、店内の生けすや水槽で泳がせる事も可能です。

ページの先頭に戻る