HOME > どんな魚が養殖されているの? > オオニベ(大鮸)

オオニベ

■オオニベ(Argyrosomus japonicus)

  • スズキ目スズキ亜目ニベ科
  • 我が国ニベ科魚類の最大種
  • 宮崎県でしか養殖していない希少な魚
■住んでいる場所

 オオニベはスズキ目スズキ亜目ニベ科の魚で、千葉県銚子沖から東シナ海かけて広くすみ、全長1.5m、体重20㎏以上にもなる我が国ニベ科魚類の最大種です。

■宮崎県でしか養殖していない希少な魚!

 元来、この魚は九州南部地方、特に宮崎県において非常に馴染みが深い魚で、養殖は宮崎県から始まりました。一時は他県での養殖も広まりましたが、現在は同県でしか養殖していない稀少な魚と言えます。韓国では人気のある魚です。現在は人工種苗を利用し、成長は良いものの、ブリ(ハマチ)などの魚に比べえさ食いが優雅なためにえさを与える時間がかかるという少々手間のかかる魚です。

■食べる

 宮崎県ではみなみすずきと呼ばれ、淡泊な白身の肉質で、そのまま刺身で食べるのも良し、焼き物や蒸し物、煮物などにして食べるのにも適しています。

ページの先頭に戻る